Japan




国際科学技術センター

(International Science and Technology Center, ISTC)

平成203
1.概要

日本・米・EU・カナダ等からの拠出金により、ロシア・NIS諸国の大量破壊兵器関連研究者・技術者の平和目的の研究プロジェクトを支援するために設立された国際機関。事務局本部はモスクワ。


2.設立の経緯

冷戦終結後、旧ソ連下で大量破壊兵器の開発・製造及びミサイル運搬システムに従事していた科学者・技術者が、仕事の減少に伴い、懸念国へ流出する危険性が高まった。これを受けて92年11月27日、日本、米、EU、ロシアの4極は「国際科学技術センターを設立する協定」に署名、一定の準備期間を経て、94年3月、「国際科学技術センター」がモスクワにて発足。


3.参加極(20077月現在)

• 支援する側:日、米、EU、カナダ、ロシア、韓国、ノルウェー
• 支援される側:ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、グルジア、キルギス、タジキスタン

(:ロシアは支援側として事務局の運営に対し現物供与等の支援を行うと同時にプロジェクトに対する支援も受けている。)

4.活動内容・支援実績

プロジェクトの対象分野は、基礎研究、核融合、エネルギー、原子力安全、医学、電気工学、材料、宇宙・航空等広範な範囲にわたっている。これまでに各国政府・民間企業等が支援したプロジェクトは総計2,578件、約7億8千5百万ドル。うち、日本政府の支援表明は217件、約6,100万ドル。(2007年12月現在)。

• レギュラー・プロジェクト
支援国政府の資金拠出により実施するプロジェクト。日、米、EU、カナダ、韓国、ノルウェーが資金を
拠出している。具体例は次の通り。
(イ) 水力ジェットによる原潜解体
資金提供:日本、EU
研究実施:VNIITF(全ロシア技術物理研究所:スネジンスク)他

研究概要: 原潜には種々の金属が使われており、その解体に通常のガスバーナーを用いると
毒性の高いガスが発生し大気汚染が生じる。ロシアは水力ジェット利用で高い技術を有しており、
原潜解体へのその活用を図る。
*スネジンスクは旧チェリャビンスク-70と称されていた閉鎖都市

(ロ) はしかの経口ワクチンの開発

資金提供:日本、米、EU
研究実施:VECTOR(国立ウィルス学・バイオテクノロジー研究センタ-:ノボシビルスク)他
研究概要:摂取が容易な、はしかの経口ワクチンを開発。現在、マイクロカプセル化技術、
大量生産技術を開発中。

(ハ) 太平洋の地理・地球物理アトラスの作成

資金提供:日本
研究実施:地球化学研究所(モスクワ)他
研究概要:日、露、米、中などからの240人の研究者の参加の下、広範な太平洋全域の詳細なアトラス
(地理・地球物理情報)が完成。

(2)パートナー・プロジェクト
民間企業等が「パートナー」として直接、資金的貢献を伴う参画を行うもの。パートナーとなることにより、
企業等はロシア・NISの優れた研究者と比較的安価な研究経費で共同プロジェクトが実施でき、かつ、課税免除、
通関の容易さ等の面でも優遇される。現在登録されているパートナーは379団体で、そのうち、日本のパートナー
は71団体となっている(2007年12月末現在)。


国際科学技術センターの活動について


ISTCパートナ制度のご案内



日本語での質問はこちらへ



“リンク
外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/

文?科学省 http://www.mext.go.jp/

経済産業省 http://www.meti.go.jp/

独立?政法人放射線医学総合研究所 http://www.nirs.go.jp/

社団法人ロシアNIS?易会 http://www.rotobo.or.jp/

(社)日本原子力産業協会http://www.jaif.or.jp/ja/link2.html

BioJapan2011におけるロシア・CISのバイオ関連技術の紹介



RENEWABLE ENERGY 2011 EXHIBITION



国際科学技術センター(ISTC)とウクライナ科学技術センターが(STCU)協力して東京と福島で23()4()にセミナーとシンポジウムを開催いたします。

ISTCSTCUがこれまで、ロシア、ベラルーシ、ウクライナで行ってきた放射能の除染・環境修復に関する研究の成果や技術·経験を日本の専門家と福島の復興に取り組む地元の方に伝える福島復興を応援するため、添付概要により東京でシンポジウムを、福島でセミナーを開催します。

お申し込みは
http://www.iae.or.jp/jyosen/index.html
まで、お願い申し上げます。